トップページ > 医療脱毛って何が違うの?脱毛の基礎を解説

医療脱毛って何が違うの?脱毛の基礎を解説


医療レーザー脱毛の処理方法における原理は、専用機器から照射される医療レーザーが毛のメラニンにだけに反応するようになっており、ムダ毛の毛乳頭を破壊することで脱毛ができるようになっています。しかし、医療レーザー脱毛の原理では、完全に毛根を破壊するまでには至らない仕組みがあります。

そのため、脱毛の施術を受けても、しばらくするとムダ毛が生えてきてしまうことになります。したがって、医療レーザー脱毛というのは数か月に1回などの定期的な施術が必要となっている特徴があります。なお、医療レーザーの出力はフラッシュ脱毛に比べると強くなっているため、施術箇所が赤くなったり、ヒリヒリすることが起こります。しかし、クリニックでは医師が適切な対応をしてくれるため、安心となっています。
クリニックでの医療脱毛の方法と種類
医療脱毛はクリニックで行うことの出来る施術の中では最もポピュラーなものです。クリニックでは基本的に一回ごとの契約になりますので一括で支払うような契約は必要ありません。しかし一回の施術では毛が完全に無くなることはありませんから複数回の契約を行うことが出来るクリニックもあります。医療脱毛の場合は自分で回数を決めることが出来るのが利点ですが、エステと比べれば費用が割高になることもありますので自分の毛の状態を考えて判断しなければいけません。しかし医療脱毛にはエステでは使用することが出来ない医療機関専用の機器を使っており、それは効果や安全性に於いてFDA米国食品医療品局の認可を受けています。医療脱毛の種類は大きく分けて針脱毛とレーザー脱毛とその他に分けられます。まず針脱毛というのは絶縁針を毛穴に刺して電流を流し毛乳頭と毛包を破壊する方法です。次にレーザー脱毛というのは基本的には毛根のメラニンに反応するレーザーによって毛包と毛幹細胞を燃焼させて脱毛する方法です。その他にも種類はありますが脱毛部分や用途によって使い分けます。

医療脱毛のレーザーは効果は高いがハイリスク?

脱毛効果の高い脱毛といえば、医療脱毛を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。医療脱毛のレーザーは高出力のため、脱毛サロンの光脱毛に比べる回数も少なくて処理が完了します。

しかし、そのレーザーの出力の高さゆえに、医療脱毛はかなりの痛みを伴います。医療脱毛のレーザーは、黒いメラニン色素に反応しますから、太くて毛深い人ほど痛みが強く感じられるようです。脱毛効果を願う毛深い人ほど、痛い思いをしなくてはならないのです。いくらムダ毛をなくすためとはいえ、強い痛みに耐えながらの施術はかなり辛いものです。広範囲に渡る脱毛ならなおさらです。

ですが、医療脱毛では痛みに耐えられない方には麻酔を使ってくれるので、そこまで心配しなくても大丈夫です!お医者さんがスピーディーで効果的に脱毛してくれる医療脱毛はおすすめですよ♪